サービス/与信審査 - 住宅ローン初期審査モデル

住宅ローン初期審査モデル

住宅ローン初期審査において、申込者の推定不良率を算出するスコアリングモデルおよび信用コストを算出するプライシングモデルの構築をはじめ、住宅ローン商品設計や外形基準のコンサルティング等の包括的な支援が可能です。

サービス概要

住宅ローン初期審査モデル導入では以下のようなサービスを実施しています。

 

1.初期与信モデル構築

貴社で蓄積されている住宅ローンの審査データを使用し、申込者の推定不良率を算出するスコアリングモデルおよび信用コストを算出するプライシングモデルを構築します。
モデル構築にあたっては、審査~実行~不良化に至るまでの貴行審査・利用実績データが必要となり、
基本的に貴社データをお預かりしてモデル構築を行います。
貴社データの蓄積が足りない場合は、住宅ローンコンソーシアムでのプールデータを使用することも可能です。

スコアリングモデル

申込書の属性情報や個信機関から取得する他社借入情報等を使用して複数の推定デフォルト率(PD)予測モデルを作成し、合成することで多様かつ予測精度の高いモデルを構築します。

プライシングモデル

スコアリングモデルで算出した推定不良率PDに加え、デフォルト時損失率(LGD)を考慮して信用コスト率(EL)を算出します。
また、デフォルトやプリペイメントの期間構造まで考慮したモデルの構築も可能です。

 

2.諾否判定・承認金利・承認金額の判定ロジック設定支援

スコアリングモデルやプライシングモデルの算出結果に基づいた諾否基準を貴社との打ち合わせを重ねて決定します。過去の貴社不良実績や当社知見に基づき、承認率のシミュレーション等を重ねて最適な水準を提案させて頂きます。

 

3.外形基準設定支援

既存の外形基準(ルールベースの絶対否認基準)について、弊社知見に基づくコンサルティングにより
緩和・撤廃・厳格化の検討も可能です。

住宅ローン初期審査モデル導入後は、住宅ローンモニタリングで継続的なサポートを実施しています。

 

提供方法

通常、数ヶ月間をかけて貴社・当社のお打ち合わせを複数回実施し、モデル構築や各種基準設定支援を行います。モデル精度の確認やモデル導入効果のシミュレーションを実施した上で最終的にモデルを決定し、当社にて審査システム構築まで実施し納品いたします。審査モデルや判定ロジックの定義書のみ納品し、貴社にて審査システム構築を実施頂くことも可能です。
実際の提供サービスは貴社とのお打ち合わせを通してオーダーメイドで決定いたします。お気軽にお問合せください。

サービス/与信審査 ー 住宅ローン初期審査モデル